これは安いと思って購入した土地の以前の持ち主

親類の話です。その人が今の自宅に住み始めてから10年ほどですが、深い近所づきあいはしていません。

 

仕事が成功し、少し余裕が出てきたので、土地を購入して後々に自分の子供に託そうかと計画しました。ちょうど計画し始めたころは、空き地も多く手ごろな価格で購入できそうなところがありました。

 

自宅から車で5分ほどの場所に、越してきた当初から空き地だったところが、とても安く売りだされていました。思いったってすぐ購入。やれやれと思った矢先に、その土地の以前の持ち主が、子供の同僚が住んでいた場所だとわかりました。

 

土地購入の際は子供への相談はせず、話を勧めたもので、あとになって発覚しました。その同僚家族はその土地で商店を営んでいたのですが、父親が親友の借金を肩代わりし、店をたたみました。

 

毎日のように取り立てがきていて、父親は体を壊しました。家を売りに出し、越してくる直前まではまるで廃墟のようだったそうです。その親類は商売で成功したもので、その土地に息子を済ませるのは縁起が悪いと、今になって購入したことを悔やんでいます。投資マンションを建てようとセミナーに参加しています。