不動産投資している親戚の30代男性

親戚の30代半ばの男性が単身用の1Kに投資して今、5万円程の家賃収入を得ています。この男性は年収400万円代で特別まとまった貯金があるわけではないので思いきった事したな、大丈夫かなと心配していました。

というのも家賃収入を得ている方は地主や会社経営者など、セレブな方しかできないと思っていたからです。しかし、ネットで色々調べてみると今は、サラリーマンや主婦のオーナーが多いと分かりました。

どのような物件を所有しているのかというと、1棟アパートやマンションを所有されている方は少なく、区分マンションが多いようです。

親戚の男性も区分マンションで販売価格は800万円台だと聞きました。もちろん、手数料など含めるともう少し高くなりますが、1000万円以下ならサラリーマンでも十分不動産投資できると思います。

もっと安いマンションがあるのになぜ、購入しなかったのか尋ねてみました。安ければいいというわけではなく、設備が整っていなければ入居者が集まらないと聞き、不動産投資は販売価格だけで決めたらダメだと思いました。